生理痛や生理不順で、辛い思いをしている方は、何か対策をしてますか?

私は、辛くて辛くて、早く閉経すればいい!なんて思っていました。

生理が始まって間もなく生理痛が襲い、それは大人になっても悩む事になってしまいました。

痛みや出血を経て、最終的には子宮筋腫が発見されました。

どんな経緯だったのかをお伝えします。

 

生理が始まり生理痛や不正出血に悩まされる

 

中学生の頃から鎮痛剤を飲んでいた

 

小学6年から生理が始まり、中学生になると、毎月腹痛に見舞われます。

私の必須アイテムは、バファリンです。これは今でも変わりません。

 

他の鎮痛剤では私はダメでした。量はそれほどではありませんが周期は、バラバラ。短かったり長かったり・・・

いつ来るか分からない生理に、イラついていました。

 

現在は、痛みといえば「ロキソニン」が有名ですね。

私は最強と言われるロキソニンよりも、バファリンが効くんです。生理痛だけでなく、頭痛も。

ドラッグストアに行くと、様々な鎮痛剤があって、買うときに迷ってしまいますね。

色々試して、自分に合う鎮痛剤を見つけるしかないんでしょうね~

とにかく、昔から生理で悩まされておりました。

 

高校生になっても痛みは続き、婦人科を受診してみた

 

高校生になると、更に生理痛は酷くなります。

痛みは尋常でなく、一日中部屋で、お腹を抱えていた事もありました。

時には痛みで、学校を休むこともありました。

 

不正出血が続くようになったので、身近な先輩の母に相談しました。

ところが、母は、生理や不正出血などは皆無だったそうです。。痛そうにして可哀想にね〜、一度婦人科行ってごらんよ。

と、勧められたので、近所の病院に行ってみました。

 

初婦人科デビューです!

 

当時は、産婦人科が当たり前でしたから、お産を迎える人、出産後赤ちゃんを連れている人、おばさんなど、色んな人がいました。

ただ内診をするので、下着を脱ぐことだけ、ドキドキしてました(^^)

診察を終えると、これと言った病気ではなく、まだホルモンのバランスが、上手く行っていないとか、だったような気がします。

 

社会人になり、一層痛みやだるさで悩まされる

 

痛いし怠いし、時には頭痛も。腰痛も発生するようになりました。

バファリンを1日3回飲んでも、あまり効きません。

当時、マニュアル車に乗っていた私は、クラッチを踏むのが、とても辛くて苦しかったです。

腹痛に腰痛に、股関節のだるさが加わりました。

痛みに気を取られ、だるさでやる気を失い、仕事や生活に支障が出るようになってきました。

 

再度救いを求めて婦人科へ罹り、股関節の事を相談すると、股関節が怠いなんて聞いたことない!なんて、言われてしまいます。

はっきり言ってがっかりしました。自分の辛さが医師に伝わらないなんて。

 

生理痛が改善しないので低容量ピルを試してみる

 

 

生理が辛いならと、ピルを飲む事になりました。

処方されたのは、アンジュです。

 

初めて飲んだ翌日、手が異常に痺れました。

これ大丈夫??とすごく不安になりました。今まで薬を飲んで痺れるという体験をしたことがありません。

病院に電話すると、そのうち慣れるから大丈夫、との事で不安でしたが、もう少し頑張ってみることにしました。

 

ピルを飲むことで、周期は整いました!これは嬉しかったですね。

外出や旅行などの予定が立てやすくなり、常時ナプキンを携帯することもなくなり、本当に良かったです。

それから3ヶ月頑張りましたが、なんと言いますか、常に体全体に幕がかかった感じで、どうも身体全体がすっきりしないのです。微妙に体重は増えましたし。

 

そこで、違うピルのマーベロンを、試す事になりました。

当初、問題であった生理痛やだるさは、すっかり改善していましたので、このまま続けたいのですが、やはりスッキリ感がないんです。

いつもモヤモヤとして頭もハッキリしない感じでした。

 

スッキリしたい私は、ピルを止める事にしました。

すると、曇りがかった世界はなくなり、爽快です。

晴れやかな気分になりました!

しかし、生理痛とだるさ、不安定な周期は残念ながら戻ってきました。。薬ってすごいな…

 

ピルは生理痛の効果はありましたが、私には副作用が出てしまった結果になりました。

 

ピルをやめてからの症状

 

相変わらず生理痛は続いていますが、出血の量が多くなる時が増えてきました。

時には塊としてドカっと出ることもあります。

PMSや月経困難症に効果があると言われる、サプリメント等を試してみても、改善は見られません。

その後、生理痛とは違う謎の痛みが発生し、また婦人科を受診することになりました。

 

参照記事

heidi2356.com/side-effects-of-pills/

 

 

その後、腹痛の他にも腰痛も伴うようになり、寝込むようになってしまいます。

鎮痛剤を飲んでも改善せず、婦人科を受診すると、痛みは鎮痛剤を使うしかない、と言われ、困ってしまいます。

そこで、漢方薬を飲んでみることになりました。

期待を持っていたのですが、こちらも私には効果がありませんでした。

 

 

ある時生理が3週間続くのがきっかけで、婦人科を受診しました。

その時は大量出血が発生し、採血すると入院するほどの貧血を起こしていました。

謎の痛みも一層強く出てくるようになります。

最終的にわかったのが、子宮筋腫があることだったのです。

 

参照記事

https://heidi2356.com/fibroid/

 

こうして私はずーっと、婦人科とは縁が切れずに、治療をしていく日々が続くのです。

 

少しでも気になったら受診することが大切

 

 

生理が始まり生理痛や不正出血で、婦人科を受診して様々な治療をしてきましたが、

それは結果として子宮筋腫への入り口の出来事でした。

幸い良性の腫瘍ですのでよかったのですが、もし悪性だったら・・・と考えると恐ろしいですね。

辛い時、少しでも気になるときは、受診をして治療することが必要です。