先日乳がんと告知されてから、他の臓器にがんがないかを現在検査中です。

手術予定の北里大学病院を受診したときに、私が卵巣の腫れと生理痛緩和の目的で使用している

「メノエイドコンビパッチ」の使用を中止するよう言われました。

術前4週間前は血液をサラサラにする薬とピルは使用中止とのこと。

婦人科の先生に乳がんになった報告も兼ねて、婦人科へ行きました。

 

乳がん患者はホルモン剤が禁忌だった

婦人科を受診すると先生は、乳がんが早い段階で見つかってよかったね~と言ってくれました。

北里大学病院でも指摘を受けたとおり、メノエイドコンビパッチの使用は駄目でした。

というか、今後も使用できないそうです・・・(T_T)

 

乳がん患者はホルモン投与は禁忌とのことで、まずは乳がんの治療に専念するよう言われました。

せっかくメノエイドコンビパッチを使ってから、腹痛や腰痛がおさまり、快適な生活を送ってきたのに・・・。

使用しなくなると当然痛みが発生するかもしれませんが、鎮痛剤で緩和するしかなさそうです。

 

あぁ、またあの痛みが襲ってくると考えると、気が重いです。

 

今後の治療

 

 

病理検査で、乳がんのどのタイプかにもよるそうですが

ホルモン投与ができないとなると、漢方薬で治療することになるそうです。

乳がんのタイプにはホルモンのタイプがありますもんね。そうなるとなおさらホルモン治療はできないそうです。

 

なので、手術が終わり病理検査が出た段階で、今後の治療を考えましょう、となりました。

2018/9/13が手術日なので、それから1ヶ月経った頃でしょうか、

それまでに痛みやだるさが出ないことを祈るしかありません。

 

しかし、いつまで経っても、体調が良くなったり悪くなったりを繰り返す私です。

早く落ち着きたい、、、これが今の心境ですね。