精神疾患のための、通院治療を受ける場合、継続的に医療費の負担がかかってきますね。

この制度を併用した場合、自己負担は原則1割に軽減されます。

自立支援医療制度について、語ろうと思います。

 

自立支援医療制度を利用すると、医療費の負担額が3割→1割になります!

 

 

精神科・心療内科は内科等と違い、保険点数の仕組みが違うようで、お会計が高いです。

3割負担で1,500円程になります。更に薬局で支払いがありますから、結構な出費です。

そこで国の支援制度を利用しましょう。
継続的に治療が必要な場合に、支給をしてくれるものです。

自立支援医療(精神通院医療)制度は、障害者や精神疾患で、精神通院医療費の負担軽減を図るものなのです。

 

自立支援医療受給者証が発行されると、窓口での負担は1割になりますから、470円位になります。

この差は大きいですよね。

病院でも掲示している所もありますから、一度先生もしくは、ソーシャルワーカーさんに、ご相談をされてみてはいかがでしょうか。

医療機関と薬局が、指定の機関でないと、申請できません。不安な方は、役所のホームページや窓口でご確認ください。

 

私はこの制度を知らずに、3件目のクリニックで教えてもらいました。

毎月精神科と薬に、10,000円程かかっていました。教えてもらえて、本当に良かったです。

これまでに、相当費用を負担していたんだな、と考えると、早く知りたかったというのが、本音ですね。

 

申請には診断書が必要です

 

申請先はお住いの役所になります。

郵送で申請できる所もありますが、大部分は窓口へ持参となるでしょう。

まず役所の該当窓口へ行き、申請したい旨を伝えると、必要書類と複写式の申請用診断書を貰います。

次に貰った複写式診断書を医師へ渡して、記入してもらいます。(私が通院しているクリニックはパソコンにフォーマットがあるようで、PC からの印刷をもらい提出しています。)

申請用紙に、通院している病院と、処方箋を出す薬局を記入します。

 

つまり、記入した病院と薬局でのみ、1割負担となります。

例えば、風邪を引いて内科を受診後、併設の薬局で薬をもらう場合は、通常の3割負担です。あくまでも、精神疾患通院のための、軽減措置ですから。

申請後、おおよそ2〜3か月で、受給者証が発行されます。

 

有効期限は1年間

 

晴れてお手元に届いたら有効期間を確認しましょう。

終了日より遡って、2ヶ月前から更新ができます。

診断書を提出した次の年は、診断書なしの更新手続きが出来ます。

しかしその次の年は診断書が必要となります。

毎年少し面倒なんですが、支払いが少なくなりますから更新は忘れずにしましょう。

 

自立支援医療制度は、うつ病だけでなく、双極性障害・統合失調症・てんかん・発達障害等でも適用されます。

 

もし、引越ししたらどうするの?

 

国の制度ですから、引越し先の役所で手続きすれば問題ありません。

これまで使用していた受給者証を役所に持って行き、手続きをします。すると新しい役所の受給者証が発行されます。

受給者証が発行されるまでに、受診する場合は、手続きの際に控えをもらいますから、それを病院や薬局で見せれば問題ありません。