お薬手帳持参で医療費が安く!上手な使い方と便利なアプリの紹介

今は当たり前となっている、病院や調剤薬局へ行くときに持っていく、お薬手帳。

さらに2016年4月より、診療報酬の改定があり、お薬手帳を持っている方が、よりお得になる場合もあります。

お薬手帳と、便利なスマホに入れるアプリについて、説明します。

 

お薬手帳とは

 

 

お薬手帳とは、いつ・どこで・どんなお薬を処方され、飲み方を記録しておく手帳のことです。

調剤薬局や病院で多くの場合、無料でもらうことができます。

病院や薬局で受け取る、調剤明細書のシールを貼り、服薬の履歴として管理できます。

異なる医療機関を受診する時や、転居した場合など、「お薬手帳」を見せるだけで、これまで処方された薬についてすぐに、わかります。

 

その他、このようなときに役に立ちます。

 

  1. 旅行する時
  2. 薬局で薬を購入する時
  3. 転居して、新しい病院を受診する時
  4. 休日診療所や、救急病院を受診する時
  5. 災害にあった時

 

 

病院へ行く時のほかに、数日間外出するときも、携帯したいですね。

 

病院へ受診または入院する時には必ず持参しよう

 

病院や薬剤師は、患者さんの薬について、以下のことを確認をしています。

 

  • どのような薬を服用しているか
  • どの位の期間、薬を服用しているか
  • 副作用やアレルギーがないか

 

診察の際に、医師に見せることで、薬の重複や他の薬との飲み合わせを、未然に防止することができます。

 

処方箋薬がお得になる条件とは

 

2016年4月より、診療報酬の改定があり、お薬手帳を持っている方が、お得になる場合があります。

調剤薬局へ行く際にお薬手帳を持参すると、実質負担金を値引きする、という制度に変わりました。

薬剤師が患者に対して、説明や指導をすると共に、薬剤服用歴に記入をするための「薬剤服用歴管理指導料」が発生します。

 

管理指導料は500円に設定されていますが、この金額が安くなる事もあるのです。

 

医療費が安くなる場合

 

患者さんがお薬手帳を持参した時には、120円安い380円となり、自己負担金額は1割負担の場合は10円、3割負担の場合で40円安くなります。

 

医療費が安くならないケース

 

患者さんがお薬手帳を持参して、医療費が安くなるのは、「6カ月以内に同じ薬局で薬を処方してもらったとき」のみです。

6カ月以上その薬局に行かなかった時や、別の薬局で処方してもらった場合は、お薬手帳を持参しても安くなりません。

また、総合病院など病院の近くにある、主にその病院の処方箋を取り扱っている「門前薬局」で処方してもらう場も、安くなりません。

 

便利な薬手帳アプリ

 

スマートホンの普及により、お薬手帳アプリのサービスも開始されています。

お薬手帳と同様に、電子お薬手帳(お薬手帳アプリ)が調剤薬局で利用できるようにまりました。

たくさんのメリットがあるお薬手帳ですが、かさばる、忘れてしまうなど問題もあります。普段持ち歩くスマホで、アプリ管理なら、かさばることも忘れることもありません。

 

現在たくさんのアプリが公開されていますが、その中でオススメのアプリを紹介します。

 

日本調剤のお薬手帳アプリ 「お薬手帳プラス」

 

  • 事前に処方せんを薬局に送信し、待ち時間を有効活用できる「処方箋送信機能」
  • お薬の服用時間を知らせてくれる「飲み忘れ防止アラーム機能」
  • 健康管理のお役立ち情報の提供をする「健康コンテンツ」

 

EPARKグループのお薬手帳アプリ「EPARKお薬手帳」

 

  • 処方箋内容が自動的にデータが反映される。(※対応店舗のみ。初回のみ申請操作が必要)
  • 薬局で発行されるQRコードを読み込むだけで簡単に登録できる機能がある「QRコード登録機能」
  • 全国どの薬局の記録も可能な「写真登録機能」
  • 事前に処方せんを薬局に送信し、待ち時間を有効活用できる「処方箋送信機能」

 

日本薬剤師会のお手帳アプリ「eお薬手帳」

 

  • 紙のお薬手帳情報などや、市販薬も登録できる「手入力機能」
  • NFC機能に対応した薬局では、設置されているICリーダーライターからお薬情報を取り込み可能。
  • 事前に処方せんを薬局に送信し、待ち時間を有効活用できる「処方箋送信機能」

 

 

電子お薬手帳でも安くなるのか心配ですが、一定の基準を満たした電子アプリであれば、紙のお薬手帳と同様に、窓口での負担金額が安くなる可能性があるようです。

 

お薬手帳を有効的に活用しよう

 

病気になってから回復までの経緯は様々です。

お薬手帳には、これまでにかかった病気や服用した薬、副作用の記録など、大切な情報が記録されています。

紙のお薬手帳であってもアプリであっても、お薬手帳を有効に活用すれば、自身のの健康維持に必ず役に立ちます。

もし、複数の「お薬手帳」を持っている場合は、1つにまとめることが重要です。

 

ページの先頭へ