私は双極性障害を発症しており、現在会社を退職して、療養に専念しています。

退職前から体調不良に見舞われ、休職中に退職となりました。

休職中に会社の健保より、傷病手当金を受給しています。

まだ受給期間が残っているので、退職後の失業保険を貰う期間を延ばす(雇用保険の受給期間延長申請)手続きをしました。

 

傷病手当金と雇用保険受給期間延長の申請について説明します。

 

傷病手当金とは

 

病気や怪我で休んでいるときに、給料が支給されない場合、生活を保障するために設けられた制度です。

会社の健康保険組合や公務員共済組合等から、給料の約67%に相当する現金が、支給開始日から最長1年6か月間給付されるものです。

 

支給条件

 

  • 療養のために労務不能であること
  • 続する3日間を含み、4日以上仕事に就けないこと(待機期間)
  • 待機期間後、引き続き同一の傷病による労務不能であること
  • 健康保険の被保険者であること

 

※業務上・通勤災害によるもの(労災保険の給付対象)や美容整形など、国民健康保険の被保険者と任意継続被保険者も支給対象外となります。

 

もし、病気や怪我で長期に渡り休むことになり、給料が出ない場合は、申請をしましょう。

 

雇用保険受給期間延長とは

 

失業保険は働くことができる人で、就職出来ない人が、失業手当をもらえる制度です。

出産や病気などの理由で、すぐに働けない状態になった場合は、本来貰える失業保険を、後から貰うことができるように、受給期間を延ばすことができるものです。

この延長手続を行うと、最長で3年間まで延長できます。

 

先の通り、私は健保からの傷病手当金を受給しているので、こちらの申請をしました。

 

申請の方法

 

申請はお住いのハローワークです。

申請書の提出期間が決まっており、働けない日数が30日以上になってから1か月以内に申請します。

 

提出する時に必要な書類

 

  • 申請書
  • 離職票
  • 印鑑
  • 病気の場合は、ハローワークから貰う指定の診断書を医師に記入してもらい、提出

 

申請書は、ハローワークでもらえます。診断書については、指定の用紙でないハローワークもあるようですので、問い合わせが必要です。

 

働ける状態になり仕事を探す時

 

失業保険を受け取りたい時は、受給期間延長を停止する手続きが必要です。

お住いのハローワークで行います。

 

手続きに必要なもの

  • 離職票1・2
  • 雇用保険被保険者証
  • 受給延長通知書
  • 本人確認書類
  • 写真2枚
  • 印鑑
  • 銀行口座の確認ができるもの(通帳やキャッシュカードなど。ネットバンクは受付不可だそうです。)

 

場合によっては、上記以外の他にも、必要な書類などがある可能性もあるため、ハローワークへ確認しましょう。

 

 

退職後の今

 

1日寝て過ごす日が、少なくなりました。自分のストレス解消法を見つけ、未来を少しずつ考えられるようになりました。

主治医にも言われてましたが、規則正しい生活と、充分な睡眠をとっています。

働けなくなり収入がなくなる事は、非常に心配で、療養にも専念できなくなってしまします。

そこで、受給できる場合は申請をして、療養に専念できるようにしましょう。