子宮摘出手術後、不調になってからよく眠れなくなってしまいました。

眠りについて書きたいと思います。

 

何度も起きるので寝た感じがしない

 

 

まだ仕事をしていたときでしたので、夜よく眠れないことは本当に辛いことでした。

双極性障害が落ち着いてからは、ずっと睡眠薬は服用していなかったのですが、さすがに医師にお願いしてロヒプノールを処方してもらいまいした。

ですが、それでも2回は目覚めてしまうのです。体は疲れているはずなのに・・・

 

そこで、枕を疑ってみました。きっと枕が自分にあっていないのではないかと。朝起きると肩こりはしているし、歯ぎしりもひどいので。

ネットで検索し、評判のよい枕に変えてみました。すると、寝付きもいいし寝た感じもいいのですが、やっぱり起きてしまうのです。

 

睡眠のために薬が増えていく

寝ることは重要ですから、薬の量が増えても仕方のないことです。

処方してもらったのは、ヒルナミンでした。鎮静作用があるお薬なので、これで朝まで寝られるのではないか、ということでした。

確かに飲むとぼ~っとした感じがします。でも、起きてしまいました。日中なるべく太陽の光を浴びるように言われましたが、なかなか改善されず困っていました。

 

シクレストを試す

 

ヒルナミンをやめてシクレストに変えたところ、バッチリ眠れるようになりました!

シクレストは抗精神薬で、統合失調症患者にも処方される薬です。

 

初めは10mg錠を処方されたのですが、独特なのどに絡みつくような嫌な感覚と、吐き気で、5mg×2錠で服用しています。1錠服用後15分ほどしたら、もう1錠服用しています。

飲むのではなく、舌の下で溶かす不思議な薬です。服用した後舌がビリビリ麻痺するんですが、翌日の目覚めが爽快なので、我慢することにしました。

 

これで睡眠は改善され、日に日に元気になっていきました。目標は以前のように睡眠薬を服用しないことですね。