リラックスやストレス解消の手段として、ヨガをしている方も多いと思います。

現代社会において、疲れきった心身をリフレッシュする手段の1つですね。

 

ヨガは、古代インド発祥の伝統的な行法で、心身を鍛錬し精神を統一するものなんです。

基本のアーサナ(ポーズ)で心身を整えます。

 

ここでご紹介するのはヨガの中でも「リストティブヨガ」についてです。

簡単に実践することができますし、特に怪我や精神的にまいってしまった方にオススメのヨガです。

 

リストラティブヨガとは

 

出典:sova-ya.com

 

ストレスなどで心身のバランスが崩れてしまった時、体や脳、神経などを鎮めながら、身体と心を芯から解し本来のバランスに戻す必要があります。

そこで最適なのが「リストティブヨガ」です。

リストラティブとは「回復させる、取り戻す」という意味で、ポーズをとるヨガとは違います。

全身をブランケット、ボルスター、ベルトなど身体を支えるプロップスに委ねることで、
リラクゼーションを体感することができます。

 

リストラティブヨガの特徴

 

ボルスター、ブランケット、サンドバッグ、ストラップ、アイピロウなどのプロップで体をサポートし、横たわったりした時に、体を完全に緩めるプロップスの組み合わせを作り、行います。

安定した状態で、ポーズをより長く保つことが可能になり、
ゆったりとした高いリラックス状態を保つことができます。

 

激しい動きをしないため、ケガをするリスクがありません。

そのため、高齢者や更年期障害の方々のセラピーとして、また最近ではマタニティヨガとしても取り入れられています。

 

出典:sova-ya.com

 

リストラティブのポイント

 

プロップスを使用するのは、体を道具で支えることにより、関節の屈曲が可能になるためです。

膝や足首など、すべての関節を屈曲させると、真っすぐにしている時よりも副交換神経系が刺激され、
神経系がリラックスして、深いリラクセーションが起こります。

 

出典:sova-ya.com

 

プロップスに全身を委ねて静かに目を閉じ、20分程の間、自分とつながる全てから離れることで、深い休息を体感することができます。

そして再び、外の世界と積極的につながって行ける活力や、喜びを感じることができるようになるのです。

 

ただのリラクセーションではなく、効果的な筋肉の伸縮や圧迫、ねじりなども行うので、
筋肉や心のこりをほぐし、緊張状態の体の緩和も促すことができます。

 

リストラティブヨガに必要なもの

 

リストラティブヨガで使用する、主なプロップスを紹介します。

  • ボルスター
    寝そべったり、抱きかかえたり、足を乗っけたり・・・用途は色々です。
    お家にある、長さぶとんを巻いて紐で縛ったりすると、ボルスターっぽくなりますね。

    出典:http://online.suria.jp

     

  • ブロック
    ポーズの補助に使用するヨガブロックです。ボルスターの下に置き、高さを出したりもします。

    出典:http://online.suria.jp

  • ベルト
    長さを調整して負荷を変えたり、ポーズの補助として使用することができます。

    こちらはお手製のストラップです!
    100円均一でミッキーのラベルを付けてみました。

 

  • ブランケット
    私はあまり使用しませんが、瞑想の時に寒くなるのを防いだり、関節が直接床に当たってしまうときなど、ブランケットを挟んだりします。
    お手持ちのバスタオルでも十分かもしれません。
出典:http://online.suria.jp

 

  • アイピロー
    瞑想時、目の上に置くと程よい重さと暗闇が、目元の疲れを取りスッキリとします。

    こちらもお手製ですが、家にある余り布でちょどよく仕上がりました。
    中にはスーパーで売っている小豆120g程がはいっており、
    とても気持ちが良いです。

 

高価なプロップスもありますので、家にあるもので代用できれば、十分だと思います。

 

プロップスの公式オンラインショップ
[blogcard url=”https://www.yogaworks.jp/”]

[blogcard url=”https://www.easyogashop.jp/”]

[blogcard url=”http://www.manduka.jp/”]

[blogcard url=”http://online.suria.jp/”]

[blogcard url=”http://yogalabo.com/”]

 

ヨガスタジオと自宅でやるメリットとデメリット

 

リストラティブヨガのクラスはあまりなく、自分がやりたい時間帯に開催されていないことが多いです。

特に私はうつ状態の時が多いため、スタジオへ出向くことすら難しい場合も多く、手軽に自宅でできたらな~と考えていました。

スタジオ vs 自宅でメリット・デメリットを挙げてみました。

 

ヨガスタジオ

メリット

  1. インストラクターから、適切な指導を直接受けることができる。
  2. プロップスが揃っているので、用意する必要がない

デメリット

  1. 外出をするので、ある程度身だしなみを整えなければならない。
  2. 家にプロップスがない場合、習ったポーズができない場合がある。

 

お家

メリット

  1. 身だしなみに気を使わず、部屋着またはパジャマでできる。
  2. 時間を問わず、いつでもできる。

デメリット

  1. 狭い場所だと実践できない。
  2. 代用できるものがないと、プロップスを揃えないとならない。

 

リストラティブヨガを行って、実際に効果があったこと

 

 

私はプライベートレッスンを受けていて、先生からリストラティブヨガを習っています。

いつでも好きな時に実践したいので、ボルスターとブロック、上記で紹介したストラップとアイピローを用意しました。

リストラティブヨガを行うときは、気持ちがそわそわして落ち着かない時、外出して心身がとても疲れてしまった時に、実践しています。

行ったあとはすごくリフレッシュされています。スッキリします。

 

究極のやり方はベッドに寝そべり、ただアイピローをしながら深呼吸を繰り返すことですね。

これだけでも十分効果があるんです。

本当にうつ状態が酷く動けない時も、枕元にアイピローを置いて置くだけで実践できる、究極お手軽方法です。

 

私はリストラティブヨガをしていることを、通院している医師に伝えたところ、マインドフルネスは良いことなので、ぜひ続けるよう、お褒めのお言葉をいただきました!

ぜひ、うつ状態で悶々とされている方、やってみませんか。

 

ヨガにはメンタルを変える効果があった。始めてよかったと思う